妊娠のリスクを減らすには|我慢汁で妊娠する?しない?確率を落とす為にはきちんとした避妊を!

我慢汁で妊娠する?しない?確率を落とす為にはきちんとした避妊を!

妊娠のリスクを減らすには

ショートカットの女性

我慢汁が膣の中に入ったからと言って妊娠するわけではありませんが、射精前に漏れ出してしまった精子が我慢汁と一緒に膣の中に入ってしまい妊娠してしまう可能性は高くはありませんが確立は0%ではない、つまり状況によっては充分にありえます。
そのため、妊娠させない・しないためにはしっかりとした避妊が必要になりますが、あなたが知っている避妊とはどんなものがありますか?

避妊というと男性がするようなイメージがありますが、実は避妊自体は男性が主体となってするものよりも女性が主体に行うものの方が多いのです。
まず一般的なのはゴムと呼ばれたりするコンドームを利用した避妊です。
これは男性主体の避妊でペニスにゴム製のカバーのようなものを付けて射精しても子宮に精液が入らないようにするのですが、激しく動きすぎてしまったり、正しく装着されていない場合は破れたり外れたりしてしまい、避妊効果がなくなってしまう可能性があります。

そして最も避妊効果の高いものに経口避妊薬、ピルと呼ばれるものがあります。
こちらは女性が主体となって行う避妊で、服用することで排卵を抑えほぼ100%妊娠しなくなると言われています。
しかし、毎日継続して服用しないと効果がない為、二日間連続して飲み忘れてしまった場合には効果がなくなってしまうため、注意が必要な避妊でもあります。
その他にもペッサリーと呼ばれる子宮に蓋をして精子が子宮内に入らないようにする蓋のようなものや、IUDという受精卵が着床しないように子宮内に装着する避妊具などがあります。
確実な避妊を行いたい場合、パートナーや専門医とどれが良いのかを相談し、自分にとって最良の避妊方法を選択するようにしましょう。